エントリー

実験キットQ&A

実験キットQ&A集



-
Q:付属の色素以外の他の色素でも発電できますか?
A:色素にもよりますが、ローズヒップティーでは発電は出来ると思います。
ただし、色素やメーカーによっては発電力が弱くオルゴールが鳴らない場合があります。色素は水で抽出した場合にはなるべく濃い目に抽出して、消毒用エタノールなどで半分程度に薄めてから使用してください。また、色素吸着時間は、1分間程度を目安にしてください。

→酸化チタン膜は水で壊れやすいため、水の量が多いものに1分以上さらして
置くと酸化チタン膜がプラスチック板より剥がれてしまう可能性があります。

また、発電量が小さい場合、電子オルゴールが動作しない可能性もありますので、発電量の差は電流計や電圧計にて測って頂くことをおすすめいたします。



-
Q:付属の電子オルゴール以外を動作させたいですが、豆電球やLEDは点灯できますか?
A:実験キットに用いている部材では豆電球を点灯させることはできません。
安全性の高い部材を選定していますので豆電球を点灯させる程度の電気を発電することはできません。種類にもよりますが、赤色のLEDを光らせることは電池を4~5枚ほど接続して頂ければ点灯できると思います。
実験キットの発電性能では 電圧0.5~0.7V, 電流数十~数百μA程度ですの数十~数百μA, 1.5~2.2V程度の電力で点灯する赤色LEDを点灯させることは出来るかと思います。



-
Q:酸化チタンペーストがムラなくきれいに塗れません。
A:酸化チタンペーストにムラがあっても電子オルゴールは鳴らすことが出来ます。
フィルムの半分程度に酸化チタンペーストがうっすらと塗れていれば十分です。
ムラや塗れていないところが無いことにこしたことはありませんが、
酸化チタンペーストは塗る面積や厚さよりも十分に乾燥させることが重要です。
塗れていないからといって乾いていない膜にペーストを塗り直すと発電しなくなる要因となります。
うまく塗布出来ずに塗り直す場合には一度十分に乾燥させたあと、もしくは一度ペーストを水でフィルムから指で軽く擦るように洗い流してから再度塗り直してください。



-
Q:酸化チタン膜の上に垂らした色素液は拭き取るより乾燥させたほうがいいのでは?
A:酸化チタンの上に垂らした色素液は染色後(1~数分程度)で必ず軽く叩くように拭き取ってください。適度な色素の染色は発電に欠かせませんが、過剰な色素の量は発電を阻害する要因と
なります。



-
Q:電池を作製しても、オルゴールが鳴りません。
A:実験キットで作製する電池は蛍光灯したで電圧0.5~0.7V, 電流 数十~百数十μAを想定しています。電子オルゴールを動作させるために必要な電圧値と電流値は1.0~1.5Vです。電圧値もしくは電流値が低い場合に付属の電子オルゴールは動作しません。電圧値が足りない場合、電流値が足りない場合にて動作しない原因が異なります。もし、テスター(電流計・電圧計)をお持ち場合はどちらがもしくは両方が足りないか確認してみてください。

a.両方が足りないもしくは電気が全く流れない場合。
1.プラスチック板の裏表が間違っている。
→プラスチック板は片面のみ電気が流れるようになっています。
 必ず電気が流れる面に酸化チタンペーストを塗ってください。
 (フイルムを横長において、切り込みが左上になる面が電気を流す面です。)

乾電池を用意できる方は取り扱い説明書のは"はじめに"の図を参考に
電気が流れるか確認してみてください。

2.プラスチック板とステンレス板を重ね合わせたときに向き合った板同士が表面が接触していまっている。

→板同士の表面が接触してしまうと、電池内部にて"短絡状態"となり、発電した電気が外部(オルゴール)に取り出せなくなることがあります。
特にクリップで電池を挟むときにセロテープ以外の場所を挟んでしまった場合に起こりやすいです。

3.ステンレス板に貼りつけたセロテープの向きが逆になっている。
→ステンレス板の3辺にセロテープを貼りつけ、板同士を重ね合わせる時に、ステンレス板がむき出しになっている1辺を外に出すようにずらして重ね合わせてください。外に出ている部分にセロテープが貼ってあるとオルゴールとつなげる時にセロテープで"絶縁"されているため、電気が取り出せません。


b.電流が足りない場合
Ⅰ.余分な色素溶液をしっかり拭き取っていない。
  →染色後に余分な色素溶液をしっかり拭き取らないと残った色素が発電を阻害し、
   電流値が十分に出力されないことがあります。

Ⅱ.プラスチック板とステンレス板を重ね合わせたときに向き合った板同士のが表面が接触していまっている。
→板同士の表面が接触してしまうと、電池内部にて"短絡状態"となり、発電した電気が外部(オルゴール)に取り出せなくなることがあります。特にクリップで電池を挟むときに
セロテープ以外の場所を挟んでしまった場合に特に起こりやすいです。

Ⅲ.ステンレス板の全面に鉛筆を塗りつけていない。
→ステンレス板に塗り付けた鉛筆は発電した電子を電解液に渡す役割を持ちます。
ステンレス板に塗り付けた鉛筆の量が足りないと十分に電流が流れなくなります。

c.電圧が足りない場合
i.プラスチック板とステンレス板を重ね合わせたときに向き合った板同士のが表面が接触していまっている。
   
→板同士の表面が接触してしまうと、電池内部にて"短絡状態"となり、発電した電気が外部(オルゴール)に取り出せなくなることがあります。特にクリップで電池を挟むときにセロテープ以外の場所を挟んでしまった場合に特に起こりやすいです。

ページ移動

ユーティリティ

2020年02月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

新着エントリー