エントリー

カテゴリー「IPCE」の検索結果は以下のとおりです。

PEC-S02 小型IPCE測定装置

小型IPCE測定装置 PEC-S02

  1. 分光感度測定装置(IPCE測定装置)は必要?
  2. なぜ分光感度を測定するのか?
  3. 分光感度測定装置の設置場所は大丈夫?
  4. 単色光光源としても利用したい。
  5. 既存のIV測定装置をシステムアップできます。

DSC_1087.jpg

分光感度測定装置(IPCE測定装置)は必要?


分光感度測定装置の導入に迷われている方は多いのではないでしょうか?
分光感度測定装置は、直接太陽電池の変換効率に結び付くものとはなかなか思われにくいため、導入は後回しになってしまうことも多いかと思います。

また、分光感度測定装置は、モノクロメータなどの比較的おおきな光学系が必要であること、また、ロックインアンプの設定など設定が難しいなどの理由で、活用しきれていないこともあるかと多いかと思います。

なぜ分光感度を測定するか?

分光感度測定は、太陽電池の研究には次のようなメリットがあります。

  1. ソーラーシミュレータのもとで測定した短絡電流密度の確認。
  2. 透明導電性ガラス・プラスチックの透過率、反射率などの影響の確認。
  3. 反射防止フィルム、紫外線カットフィルムの効果の確認。
  4. 光電変換層の光吸収効率の測定(最適な光吸収層の厚みの検討)

分光感度を日常的に測定することによって、太陽電池の変換効率の向上にむけた課題も明らかになります。

分光感度測定装置の設置場所は大丈夫?

分光感度測定装置というと、大型の装置を想像される方が多いかと思います。
実際、高精度の測定を行うためには、架台から組まれた大型の装置を使われる場合も多いです。しかし、上記のような理由から、研究室で日常的に分光感度を測定することができれば、研究の効率は間違いなくあがります。

そこで、弊社では、小型IPCE装置 PEC-S02 をご紹介しています。

現在、太陽電池のIV特性を計測しているデスクの上をスペースをいただくだけで、設置が可能です。

DSC_1090.jpg15インチのノートパソコンとの大きさの比較

DSC_1057.jpgお手持ちのKeithleyソースメータと接続できます。

DSC_1082.jpg

シリコン太陽電池の計測例です。

単色光光源としても利用

 光ファイバで、単色光を照射します。

DSC_1069.jpg 550 nmの照射の様子

DSC_1081.jpg 650 nmの照射の様子

既存のIV測定装置をシステムアップできます。

DSC_1092.jpg 本体単独で、単色光光源としても使用できます。

 

DSC_1093.jpg

まとめ

小型IPCE装置は、ソーラーシミュレータ、Keithleyソースメータと組み合わせて、デスクトップでIPCE測定を実現します。

ソフトウェアは、Windows 10対応。弊社のIV特性測定ソフトウェアPEC-IV3との組み合わせて使用できます。

お問合せはこちらから

IPCE PEC-S02 小型IPCE測定装置

Compact and Small Foot Print IPCE System with Easy Operation

nPEC-S02 IPCE measurement system is developed as a simplified IPCE system based on PEC-S20.
nKeithley 2400 or 2401 sourcemeter are connected with GPIB.
nOptical shutter is manual control (it is different from PEC-S20 system)
nThis is simple IPCE measurement system.

 

nIt is used in stand alone equipment as a monochromatic light source, for photochecmical reactions, photocatalysts researches and etc.
 

20171202112446.jpg

 

 

Specifications
Size:   W290 x D375 x H390

Measurement wavelength:   300 nm to 1100 nm
Irradiance:   1
mW at 480 nm, DC measurement
Shutter:    Manual
Filter:  Auto change

Optical fiber :  3 mm Φ 1 m in length
Reference Si cell:  S1337-1010BQBQ
Software:  PEC-
ProS (Designed for PEC-S02)
Wavelength scan:  Step scan

 

      Windows 7 (32 bit PC) and Keithley 2400/2401 and GPIB-USB (National instruments) are required (in 2017 Dec).

Specifications here would be changed depending on development of the system.
 

Features

nFrom IPCE spectrum, Jsc under 1 sun irradiation is calculated and shown
20171202112508.jpg
 
nOptical fiber can irradiate easily sample
20171202112520.jpg
 

Setup

nPEC-S02 is recommended for researchers who already use PEC-L01 and PEC-IV2 IV measurement system.

20171202112535.jpg

 

PEC-S20のご紹介 製品の特長

IPCEスペクトル測定装置の特長をご紹介しています。

http://www.peccell.com/ipce.html

IPCE PEC-S20 オプション例

IPCE測定装置 PEC-S20 は、次のような組合せで納入実績があります。

PEC-S20(標準型)がスタンダードです。
有機薄膜太陽電池の研究には、DまたはEタイプを選択される方が多いです。


A.標準型
 PEC-S20(標準型)

B.ロックインアンプ AC測定対応型
 PEC-S20(標準型)
  + チョッパーユニット
+ ロックインアンプ

C.ロックインアンプ ホワイトバイアスAC測定対応型
  PEC-S20(標準型)
  + チョッパーユニット
+ ロックインアンプ
  + ホワイトバイアス対応2分岐ファイバ

D.Keithley 2400対応型 DC測定
  PEC-S20(標準型)
+ Keithley 2400ソースメータ

E.1mmφ集光光学系型 DC測定
PEC-S20(標準型)
  + アクロマートレンズ光学系

F.1mmφ集光光学系型 DC測定Keithley2400
PEC-S20(標準型)
  + アクロマートレンズ光学系
+ Keithley2400

---
お手持ちのKeithley2400ソースメータと組合わせることも可能です。

PEC-S20の照射光量 「35mW/cm2」(IPCE)分光感度特性

PEC-S20は、直径3mmのバンドル光ファイバで照射します。

照射光量は、波長500nmにおいて、IPCEの値が0.6の太陽電池を測定すると、0.6mAの電流が流れます。

電子数に変換すると、3.8x 1015個/s IPCEが0.6なので、照射の光子数は、6.3x 1015個/s です。

一方、500 nmの光子のエネルギーは、4x10-19 Jなので、
照射エネルギーは、4x10-19 J × 6.3x 1015個/s で、

「2.5 mW@φ3mm」です。←カタログ値))

単位面積あたりでは、「35mW/cm2」を実現!

高い単色光強度により、IPCEのDC測定に適した設計となっています。

穴あけパンチの利用 (IPCE PEC-S20)分光感度特性

PEC-S20型 の光ファイバの外径は、5.5mmです。

ちょうど、穴あけパンチの穴のサイズと同じです。

いらなくなった黒いフロッピーディスクのプラスチックに穴あけパンチで穴をあけると、マスク兼ライトガイドの出来上がりです。

*一般的な穴あけパンチは、6mmと5.5mmの二種類があるようです。

ファイル 76-1.jpg

操作はボタン一つだけ。IPCE・分光感度特性測定がこんなに簡単。

ファイル 69-1.jpg

PEC-S20 型 IPCE測定装置は、極めてシンプルな測定を実現しています。

1)サンプルをセット
2)光ファイバをサンプルに接射
3)測定ボタンをクリック
4)IPCEスペクトルのリアルタイム表示。Jsc自動計算。

光ファイバの接射方式により、サンプルにあたる光量をいつも同じにすることができます。

1日に100個のセルを測定するなど、ルーチンで沢山の測定をこなす用途に適してきます。

大学においては、どの学生さんでも、操作方法に迷うことなく使うことができます。

 

IPCE PEC-S20入出力ポート

ファイル 68-1.jpg

PEC-S20型 IPCE測定装置の信号入力は、±10Vの電圧信号です。
アナログ出力(電圧)のある計測器の信号を入れることも可能です。

PEC-S20型では、電流計としてKeithley2400型ソースメータ対応とすることができます。この場合、ソースメータで、バイアス電圧をかけながらのIPCE測定も可能です。

 

「1 mm角のセル」を測定する (IPCE)分光感度特性

アクロマートレンズ光学系を用いた直径1mmの集光光学系をオプションで開発しました。

新型太陽電池(有機薄膜太陽電池)等の性能評価にお使いいただけます。

Keithley2400への対応 (IPCE PEC-S20)

IPCE測定装置PEC-S20型が、Keithley2400型ソースメータに対応しました!

太陽電池にバイアス電圧をかけながら、測定することができます。

Keithley2400型ソースメータへの対応にご興味のある方は、ご連絡ください。

*Keithley2400型ソースメータとPCの接続は、GPIBとなります。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

2020年09月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

新着エントリー