エントリー

カテゴリー「ニュースリリース」の検索結果は以下のとおりです。

FTOガラス(1.1mm厚)の取扱について

色素増感太陽電池の電極基板として使用される
FTOガラスを取り扱っています。
使いやすい1.1mm厚。高温焼成(500℃)で基板抵抗が変化しません。

実験用FTOガラス

サイズ 200mm x 150mm (端面面取り加工)
厚さ 1.1mm (ガラス切りで容易に切れます)
シート抵抗 10Ω/sq
販売単位 1枚~

お問合せは下記より
eigyou@peccell.com


PEC-L15 仕様変更のお知らせ

ソーラーシミュレータ PEC-L15は、仕様を一部変更いたしました。

旧仕様 500 W キセノンランプ
新仕様 700 W キセノンランプ

従来型の500Wキセノンランプをお使いのお客様も、新型700Wキセノンランプを交換可能です。

ランプの変更により、大面積の照射の安定性がさらにUPしました。


光量調整用シリコンセル 新規取扱開始

光量調整用シリコンセル 新製品取扱開始

シリコン太陽電池測定用ソーラーシミュレータの光量調整用として、「PEC-SI02」の取扱を開始しました。

・PEC-SI01とPEC-SI02の違い
 PEC-SI01 擬似アモルファスシリコンセル
      (アモルファスシリコン、色素増感太陽電池に分光感度が近似)

 PEC-SI02 シリコンセル (結晶シリコン太陽電池の分光感度)


平成21年度決算報告書


新型ソーラーシミュレータ販売開始

新型ソーラーシミュレータ PEC-L15の販売を開始いたしました。

700Wランプでワイドエリアの照射を実現したことにより、ランニングコストの削減に貢献します。

ファイル 51-1.jpg

●PEC-L15の特長
- 照射ヘッド、回転可能
- 一般的な50mm□の光学フィルタを装着可能
- 新規光学系の採用により700W Xeランプで16cm角の照射面積を実現
- 電源・光学系の一体型ボディーで、重量はわずか15kg
- 光量安定のフィードバック回路内臓
- タッチパネルコントローラを採用
- I/Oポート装備

●用途
- 15.5cm角までの太陽電池の評価用光源として
- 光照射耐久性試験用の光源として
- 色素増感太陽電池等、有機系太陽電池の材料開発に。

詳しくは、お問合せください。

ソーラシミュレータのラインナップの説明はこちら

http://www.peccell.com/solar.html


第6期決算公示

平成20年度(平成20年4月1日-平成21年3月31日)の決算公示をいたします。
・貸借対照表
・損益計算書
・株主資本等変動計算書
・個別注記表

平成20年度 第6期決算公示はこちらです。


ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

2019年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

TOP